施設案内

保育内環境について

お部屋

 テーブル、ロッカー、備品等は、優しいパステルカラーで揃え、壁面飾りは、かわいい動物やお花がいっぱい!

 気持ちが少しでも早くなごむよう、ゆったりとした広さ、優しさ、明るさを大切にしています。

 毎日の清掃と適切な消毒を行っています。

 

感染症と消毒について

 病児・病後児保育事業は、様々な病気の児童が来所してきますので、インフルエンザ、水痘など、接触感染、空気 感染のおそれのある場合は、

①部屋を仕切って子ども同士を離す。
②隔離室(安静室)を利用する…などの配慮をし、病状に合わせて保育環境を整えています。

 安静室は、ガラス張りの部屋になっており、一般保育室からも、様子がよくわかるようになっています。

 もちろん、安静室担当スタッフが1日一緒に過ごし、医師の指示に従って個別保育を行います。

 感染症でない乳幼児においても、少人数とはいえ一室の中で違う疾患の病児と一緒に保育するわけですから余病の併発の恐れがないとは言いきれません。

 そのためにも乳幼児及び、スタッフ自身の手洗い・うがいの徹底や手指消毒剤の使用など、病児の衛生管理には特に配慮しています。

その他にも、室内環境整備として、保育室を含む院内全体の専門業者による消毒、保育室全体及び備品の消毒拭き、オゾンくん蒸気空気清浄機の完備、寝具類のシーツ交換と天日干し、おもちゃ、ぬいぐるみ等の除菌・洗浄着衣消毒などを行い、園内感染予防に努めています。