河村病院 院内感染対策の指針

病院長

1.院内感染防止対策指針の目的

 この指針は、病院の理念に基づき、患者様に安全で快適な医療環境を提供するため、院内感染の予防・再発防止及び集団感染事例発生時の適切な対応など当院における院内感染防止対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

2.院内感染対策に関する基本的な考え方


 医療法人社団カワムラヤスオメディカルソサエティ河村病院(以下「当院」とする)の理念は「生命の尊さを知るものは幸せである。ここに、病める人々の為に、医の心、人の心を求めつづけたい」である。すなわち、人としての尊厳を重視したうえで、医療者としてはもちろん、なにより人としての心を持ち続け、すべての人が安心して医療を受けていただけるよう、全力を尽くすことである。この理念を全うするためには、医療関連感染を未然に防止し、ひとたび発生した感染症の拡大を防ぐため速やかに制圧、終息を図ることが重要である。また感染症の発症や感染防止対策においては、いかなる場合でも患者様の人格を尊重した院内感染対策に取り組む事とする。

3.院内感染対策のための組織に関する基本事項

当院における院内感染対策推進のため、以下の組織を設置する。

1. 病院感染防止対策委員会
2. ICT(インフェクション コントロール チーム)
3. 感染リンクスタッフ

3-1 病院感染防止対策委員会
 院内感染対策に関する意思決定機関として、毎月1回会議を行い、感染対策に関する事項を検討、決定する。

3-2 ICT
 実際的な感染対策を実行する組織として、対策の立案・実行・評価を行う。各部門の感染リンクスタッフと協働して、感染対策に関する業務を実践する。

3-3 感染リンクスタッフ
  各専門性を生かし、患者個々のリスクあるいは治療、処置、ケアなどに伴う感染のリスクをアセスメントし、常に感染予防の視点から、安全で質の高い医療を提供する。

4.院内感染対策のための職員研修に関する基本方針

1. 院内感染対策の基本的な考え方及び具体的方策について、全職員を対象に研修会を年2回以上定例開催する。
2. 新規採用職員、中途採用職員を対象に院内感染対策に関する教育を行う。
3. 新規採用時、中途採用時のほか、必要に応じて職業別、部署単位、委託職員を対象に研修会を開催する。

5.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

 当院では、ICTが院内ラウンドを実施し、院内各部署の感染管理状況の把握と現場への個別指導を行い、感染対策に当たる。また、細菌検査室からの細菌分離情報はICTに報告され、病院感染防止対策委員会で報告、病院内各部署に周知する。

6.院内感染発生時の対応に関する基本方針

1. 院内感染発生時は、発生部署の職員が直ちにICTに報告し、ICTは発生状況を病院長、委員長に報告する。
2. ICTは、発生原因の究明、感染経路の遮断及び感染の拡大防止に努める。
3. 院内での感染症の発生状況は、病院感染防止対策委員会で報告し、病院内各部署に周知する。

7.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

 本指針は、院内掲示板に掲示および当院ホームページにおいて、患者及び家族が閲覧できるようにする。
患者及び家族には、疾病の説明とともに、疾病における感染対策の目的および基本的に遵守すべき感染対策に関する事項(手洗い、マスク着用など)について十分に説明し、理解を得た上で協力を求める。

8.その他の院内感染対策の推進のために必要な基本方針

 院内感染対策の具体的内容は、「病院感染防止対策マニュアル」内に記載し、常に参照ができる場所に設置する。院内感染対策に関するコンサルテーションはICTが対応し、常に問題の集約や対応の協議を行う。
病院感染防止マニュアルは、必要に応じて見直し、改訂結果は全職員に周知徹底する。

(附則)
この指針は平成30年4月1日より施行する。