令和2年度 河村病院 病院指標

病院情報の公表について

DPC調査データをもとに全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、情報公開を行うこととされたことから、
当院でも令和2年度の診療状況の指標を公表いたします。
なお、集計項目の結果については、「医療広告ガイドライン」に準じて作成しております。
(参考:厚生労働省ホームページ「医療法における病院等の広告規制について」)

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

集計方法と定義

●2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)に退院された患者様が対象です。
●医療保険を使用した患者様のみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険等を使用した患者様は含まれておりません。
●入院期間中に、一度も一般病棟に入院されなかった患者様は対象外となります。
(よって、一度でも一般病棟に入院され、「障害者病棟」「療養病棟」「回復期リハビリテーション病棟」より退院された患者様は対象となります。)
●入院後24時間以内に死亡した患者様は含まれておりません。
●各項目について、症例数が10件に満たない場合は、‐(ハイフン)で表記されています。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 4 14 8 17 65 134 351 560 322
全退院患者数は1475名、平均年齢は79.73歳でした。
当院は一般病棟たけでなく、障害者病棟・療養病棟・回復期リハビリテーション病棟を有するケアミックスであること、
また介護老人保健施設・住宅型有料老人ホーム等の介護保険施設を併設しており、「医療と介護」が連携し、患者様に寄り添う
サービスを提供することに努めています。
関連施設や地域の介護施設の入所者様の受診が多くを占めるため、70歳以上の患者様が全体の83%以上を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

脳神経内科(神経内科)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 69 22.87 13.00 2.89% 84.64
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 49 42.29 18.64 2.0% 88.69
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし 45 6.93 6.36 0.0% 78.78
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 39 26.23 20.51 0.0% 84.08
010160xx99x01x パーキンソン病 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 21 36.52 32.97 0.0% 80.38
脳神経内科(神経内科)における症例数の多い診断群分類上位5位までを表したものです。
第1位は、尿路感染症、2位は市中肺炎ではない細菌性肺炎(医療介護関連肺炎を含む)の75歳以上です。関連施設や地域の施設内で発生した
肺炎の方が該当となります。3位の一過性脳虚血発作とは、一時的に脳動脈が詰まり、脳への血流の共有が途絶えてしまうことで、脳梗塞に似た
症状が出現しますが、短時間で改善してしまうものです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
診断群分類(DPC名称)とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と手術・処置、副傷病名等の有無により分類した分類名のことを言います。
診断群分類ごとの、患者数、自院での平均在院日数、および全国での平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
一般病棟を経由して、「障害者病棟」「療養病棟」「回復期リハビリテーション病棟」に転棟し退院された患者様も含まれているため、症例によって、
全国の平均在院日数と自院での平均在院日数が乖離してしまう場合もあります。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx0200xx 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 11 9.36 4.44 0.0% 72.91
循環器内科における症例数の多い診断群分類上位5位までを表したものです。
第1位は、狭心症の経皮的冠動脈形成術等を実施した症例です。「経皮的冠動脈ステント留置術」を施行した症例が主となります。
この手術は、狭心症や心筋梗塞などで心臓の筋肉を養う冠動脈に狭窄または閉塞が起きた場合に、病巣にカテーテルという細い管を通して
広げ、筒状の金網(ステント)を留置して、血管を広げたままにするものです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
診断群分類(DPC名称)とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と手術・処置、副傷病名等の有無により分類した分類名のことを言います。
診断群分類ごとの、患者数、自院での平均在院日数、および全国での平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
一般病棟を経由して、「障害者病棟」「療養病棟」「回復期リハビリテーション病棟」に転棟し退院された患者様も含まれているため、症例によって、
全国の平均在院日数と自院での平均在院日数が乖離してしまう場合もあります。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160690xx99xxxx 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 57 95.02 18.81 3.58% 83.81
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 33 90.39 25.09 2.85% 85.91
整形外科における症例数の多い診断群分類上位5位までを表したものです。
第1位は、胸椎・腰椎の圧迫骨折の症例、また2位は、大腿骨骨折で当院にて手術を施行した患者様です。主に骨折観血的手術を施行しています。
地域の急性期病院から紹介入院された患者様も含め、大半の方が回復期リハビリテーション病棟へ転棟されて、家庭復帰を目指し、重点的に
リハビリテーションを行い退院されています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
分類(DPC名称)とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と手術・処置、副傷病名等の有無により分類した分類名のことを言います。
診断群分類ごとの、患者数、自院での平均在院日数、および全国での平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
一般病棟を経由して、「障害者病棟」「療養病棟」「回復期リハビリテーション病棟」に転棟し退院された患者様も含まれているため、症例によって、
全国の平均在院日数と自院ででの平均在院日数に乖離してしまう場合もあります。

リハビリテーション科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 25 64.56 15.20 8.00% 83.96
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 処置2なし 24 77.58 24.08 0.00% 76.79
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 107.69 18.86 0.00% 73.72
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10
未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 3,4又は5
13 104.31 19.87 7.69% 77.62
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 10 85.1 15.66 0.00% 72.6
リハビリテーション科における症例数の多い診断群分類上位5位までを表したものです。
症例の大半は、リハビリテーションを目的に地域の急性期病院から紹介入院された患者様で、1位は大腿骨骨折の患者様、
2位は廃用症候群の患者様です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
分類(DPC名称)とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と手術・処置、副傷病名等の有無により分類した分類名のことを言います。
診断群分類ごとの、患者数、自院での平均在院日数、および全国での平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
一般病棟を経由して、「障害者病棟」「療養病棟」「回復期リハビリテーション病棟」に転棟し退院された患者様も含まれているため、症例によって、
全国の平均在院日数と自院ででの平均在院日数に乖離してしまう場合もあります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 1 1 UICC 第7版
大腸癌 1 1 3 2 UICC 第7版
乳癌 1 0 UICC 第7版
肺癌 1 4 0 UICC 第7版
肝癌 1 1 1 0 UICC 第7版
5大癌と呼ばれる「胃癌」「大腸癌」「乳癌」「肺癌」「肝癌」について、入院治療を行った初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ
患者数を示しています。
がんの病期分類とは、国際対がん連合(UICC)によって定められており、癌の進行度合いを示すものが病期(ステージ)分類であり、stage4が
最も進行していることになります。当院では病期分類基準は、国体対がん連合(UICC)のTNM分類7版を用いています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 52.96 78.56
中等症 65 29.95 82.35
重症 3 20 89.33
超重症 - - -
不明 - - -
入院の治療目的が「肺炎」であって、市中肺炎の患者様を重症度別に示したものです。(誤嚥性肺炎、ウィルス性肺炎は除く)
重症度は、日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」による、A-DROPスコアの定義に基づき判定しております。
5点満点で、「4点~5点:超重症」「3点:重症」「1点~2点:中等症」「0点:軽症」となります。
成人市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患する肺炎のこと言います。20歳以上の患者様を対象としております。
入院後に発症した場合の肺炎や、食べ物の誤嚥が起因で発症した誤嚥性肺炎の患者様については、この指標の対象ではありません。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

 
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 42 50.6 79.19 0.00%
その他 47 135.17 77.79 1.79%
入院中に医療資源を最も投入した傷病名が「I63$ 脳梗塞」であった患者様を対象とし、発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、
平均年齢、転院率を示しています。

発症より3日以内の患者様は、主にエダラボン(脳保護剤)による治療を含む、点滴治療を行っております。また早期より積極的にリハビリテーションを
行い、機能回復を目指しています。院内の回復期リハビリテーション病棟への転棟も促し、継ぎ目のないリハビリテーションの実践に努めています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 11 3.91 5.45 0.0% 74.22
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
循環器内科における、症例数の多い手術上位5位までを表したものです。
手術術式の点数表コード(Kコード)に対する患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しています。一入院期間で手術を複数回
行った場合は、主たる手術(一番点数の高い手術)のみをカウントしております。

平均術前日数とは、入院日から手術施行前日までの日数のことをいい、平均術後日数とは、手術施行翌日から退院日までの日数をいいます。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 17 6.18 70.47 0.00% 86.41
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
整形外科における、症例数の多い手術上位5位までを表したものです。
手術術式の点数表コード(Kコード)に対する患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しています。一入院期間で手術を複数回
行った場合は、主たる手術(一番点数の高い手術)のみをカウントしております。

平均術前日数とは、入院日から、手術施行前日までの日数のことをいい、平均術後日数とは、手術施行翌日から退院日までの日数をいいます。

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 13 107.15 33.62 0.00% 78.10
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 7.00 5.80 0.00% -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
内科における、症例数の多い手術上位5位までを表したものです。
手術術式の点数表コード(Kコード)に対する患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を示しています。一入院期間で手術を複数回
行った場合は、主たる手術(一番点数の高い手術)のみをカウントしております。

平均術前日数とは、入院日から、手術施行前日までの日数のことをいい、平均術後日数とは、手術施行翌日から退院日までの日数をいいます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

  
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180010 敗血症 同一 20 1.36%
異なる 13 0.88%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.07%
異なる 2 0.14%
180040 手術合併症 同一 2 0.14%
異なる 0 0.00%
手術・処置などの合併症に当たるものとして、感染症・合併症の発生率を表しています。
入院のきっかけとなった病名と、DPC病名(最も医療資源を投入した病名)が「同一」か「異なる」かで集計しています。
合併症の発生率は、臨床上0にすることは困難ですが、医療の質の改善に今後も取り組んでまいります。

 ●播種性血管内凝固症候群:小さな血栓が全身の血管のあちこちにでき、小さな血管を詰まらせる病気です。血液凝固が増加することで、
                   出血の抑制に必要な血小板と凝固因子を使い果たしてしまい、過度の出血を引き起こす場合もあります。
 ●敗血症:さまざまな感染症をきっかけに、病原菌が多量に血液の中に入り込むことで起こる重篤な全身の感染症です。
 ●その他の真菌症:真菌による感染症です。代表的な真菌症として、白癬(水虫)、カンジダ症などがあります。
 ●手術・処置等の合併症:手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。
更新履歴

2021/10/1